ルリタテハ

成虫の前翅長は、25-45 mm。 濃い黒褐色の翅の表面に「瑠璃」の和名通りの鮮やかな水色の帯模様が入るのが特徴である。この帯模様は前翅の先端部で切れ、白い斑点がつく。この色彩等は雌雄で差はないが、雌は翅と青色帯が幅広になる傾向がある。
裏面は灰褐色で細かい模様があり、樹皮や落ち葉に似る。翅の外縁は他のタテハチョウ亜科と同様小さな凹凸がある。翅の表側に限れば日本には類似種がおらず、他のチョウと区別しやすい。

e0295948_8382795.jpg
e0295948_838636.jpg

[PR]
by konpekinoumi | 2012-10-17 08:43 |
<< 阿蘇の夜明け 日々草 >>