日々草

日々草は、キョウチクトウ科の一年草で、西インド諸島が原産地です。血糖値を下げる民間薬として、西インド諸島の原住民の間で古くから使われています。中国では「長春花」と呼び、さまざまな効果がある薬草として珍重されています。

日々草は、レセルビンの働きによって糖尿病を改善するとして知られています。また、ビンブラスチン、ビンクリスチン、タンニンなどの抗腫瘍作用や抗ガン作用が、ガン細胞の分裂を阻止することで注目されています。

さらに、アルカロイドが、免疫組織を刺激する作用があるため、白血病なども予防します。


e0295948_21295942.jpg

e0295948_21275424.jpg

[PR]
by konpekinoumi | 2012-10-12 21:32 |
<< ルリタテハ セセリン☆ >>